家庭教師も兼ねる教育ベビーシッター

subpage1

ベビーシッターというと、子どものいる家庭を訪問し、子どもの面倒をみながら遊び相手となって過ごす、日本語でいうと子守というようなイメージがあります。



しかし最近では、それだけでなく家庭教師的なニュアンスも含んだ教育ベビーシッターというものが登場しています。


教育ベビーシッターはナニーとも呼ばれ、発祥地のイギリスでは広くなじみのある職業です。

YOMIURI ONLINEの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

身の回りの世話をしつつ一緒に遊び勉強するだけでなく、生活のさまざまなシーンに関わってしつけ全般なども身につけられるようにします。

日本では、ベビーシッターは、職業の名前としてはベビーがついていますが、実際にはある程度大きな子ども達に関わることが多くなっています。

そのため、ただ一緒に遊ぶだけでなく、教育係としての役目も担い、シッターと過ごす時間を有効に利用したいという親のニーズが高まっている傾向があります。日本の教育ベビーシッターという呼び方には、通常のシッターの業務に、英語やピアノのレッスンを加えたようなものも含むことがあり、また、小学校受験の対策や中学校受験の勉強の指導をおこなうということもあります。



業務を担当するシッターは保育のプロであるというだけでなく、それぞれの家庭の要望に応じたスキルを持っていることが求められることになります。


会社によっては、バイリンガルの帰国子女や音楽大学出身者、あるいは幼稚園や小中学校の教員経験者などが登録されていることもあります。