ベビーシッターは良いサービスです

subpage1

ベビーシッターのサービスは公的なサービスである保育園や幼稚園とは違う特徴があります。保育園や幼稚園の場合朝から夕方までしか保育を実施していませんが、ベビーシッターのサービスの場合には事前に派遣元に伝えておけば、夜中でもサービスを受ける事ができます。

ベビーシッターとして派遣されるスタッフですが、保育士や幼稚園教諭など子供に関する公的な資格を所持しているのはもちろんです。
さらにベビーシッターの協会が主催している研修会の受講を義務付けている場合がほとんどなので、シッターとしての知識は問題ないです。


万が一対応が悪いと感じるシッターがいる場合には、運営会社に伝えると交代してもらえるので安心です。
子供が好き嫌いがある時にはきちんと伝えておけばベテランのシッターに対応してもらえます。



保育園や幼稚園などはその場所に行き保育サービスを受けることになりますが、シッターのサービスは自宅など、利用者が指定する場所で保育を受けることになります。
そのため子供が慣れた環境でサービスを受ける事が可能です。

ほとんどない事ですが、ごく稀にシッターが保護者の備品を破損してしまう可能性もあります。

NAVERまとめ情報選びを親身になってアドバイスいたします。

そのような場合に備えてほとんどの派遣元では保険に加入しています。
そのため備品を破損した時には、保険から賠償するので安心です。

稀に保険に加入していない会社もあるので、公式サイトや口コミサイトで加入しているかどうかを確認する必要があります。